ポケットの中にはビスケットがひとつ

「ポケットを叩くとビスケットが増えるって、あれ、ビスケットが割れてるだけだよな」

「お前、今頃それに気づいたの? そんなの最早定説だよ、定説」

「え、マジで? 俺、いままで気づかなかったよ」

「嘘だろ、小学校の時にはもう言われてただろ。

 『森のくまさん』はヤバいやつだとか、『あわてんぼうのサンタクロース』がただのダメなおっさんだとか、そういうのに気づくやつっていたよなあ。大人びてるっていうか、何ていうか」

「大人びてるねえ……ま、俺たちは純粋だったからなあ」

「純粋じゃなくて、馬鹿の間違いじゃないのか?」

 

 下校途中、保育園から流れてきた歌を聞いた男子高生が楽しげに会話をしている。

 と、その背後から、「待て!」と叫ぶ声がした。

 

「何だ?」

 

 振り向くとそこには制服こそ違えど、同じ高校生らしき男子が肩で息を切らし、立っていた。

 

「お前、誰だ……?」

 

 首をかしげる二人に構わず、その男子高生は真剣そのものといった顔で、

 

「ポケットを叩くとビスケットが2つ……当時の俺は確かに『ビスケットは割れている』と、そう結論づけた。けど、違うんだ、ビスケットは割れてなんかいなかった。本当に増え・・・・・ていたんだ・・・・・!」

「えっと……」

「頼むから黙って聞いててくれ!」

 

 男子高生は広げた片手を前に突き出した。そして、

 

「……ビスケットは増えていたんだ――――そう、政府がその力に目をつけるまでは……。

 ポケットを叩くだけでビスケットが増える。それは無から有を創り出す、まさに錬金術! その力があれば、世界の均衡は破られるだろう。彼がポケットを叩くだけで、世界の食糧難は一気に解決、すべての力は彼に集約される。

 そう、彼はまさに救世主! ビスケットで世界を救う神となりえるのだ!

 各国政府はこぞって彼の力を求めた。

 しかし、そこには盲点が存在したのだ……。

 それは……何だと思う?」

 

「え、俺たち?」

 

 突然振られて、二人組は驚いた。と、その一人が、

 

「ってか、お前……石崎じゃないか? ビスケットは割れてるとか、森のクマさんとか、サンタクロースがオッサンだとか言い出した、石崎じゃないのか? 小学校以来だな、元気にしてたか――」

 

「俺が何者かなんて今はどうでもいいだろ!」

 

 石崎は激しくかぶりを振った。そして、ぽつりと、「栄養素……」とつぶやいた。

 

「栄養素?」

「そうだ」

 

 石崎が重々しく頷く。

 

「よくわかったな」

「よくわかった、ってか、いま、お前が……」

「その通り、栄養素の問題だ」

 

 彼はぐっとこぶしを握りしめた。

 

「ビスケットは何から出来ているか、君たちならわかるだろう。小麦粉に油脂に砂糖……そう、それだけだ。

 ビスケットにはカロリーがあってもビタミン類の栄養に乏しいんだ! つまり、ユーグレナのような次世代食にはなり得ないんだ……」

 

「……ユーグレナ?」

 

 二人組が顔を見合わせると、

 

「そうだ。いま話題のユーグレナは藻類ながら、植物と動物の特性を併せ持つ非常に珍しい素材なんだ。

 ミドリムシって聞いたことあるだろう? ユーグレナとはミドリムシの別名。それからつくられた食品は人間に必要な栄養素に富んだ自然栄養食材であり、これからの食糧難が予想される世界にとっての次世代食といっても過言ではない存在なんだ!

 ちなみに、ユーグレナは資料や燃料にも使え、地球温暖化の原因と言われるCO2削減にも役に立つ! これはその無料サンプルだ!」

 

 石崎は二人に小さな箱と大量のチラシを押しつけると、最高のスマイルをつくって見せた。

 

「君たちはまだ未成年だから契約は出来ないが、それを是非親御さんに見せてみてくれ! 契約するときにはその番号に電話をかければOKだが、紹介者は『石崎守』だって言うのを、くれぐれも忘れないでくれよ!

 じゃ、俺はまだ他に回るところがあるから!」

 

 そう言うと、石崎は全速力で走り去っていく。

 残された二人組は唖然とした後、押しつけられた商品とチラシを見つめた。そして、

 

「……ビスケットは割れてたって気づいたあいつのことを、俺はずっと大人びてたんだなって思ってたけど……。……これはどうなんだ? 大人びてるのか?」

「……まあ、高校生がやることじゃないけどな……大人びてるか、と聞かれると、ちょっと違うような……」

「だよな……。大人ではあるけどな……」

「そうだな……。大人ではあるな……」

 

 道の真ん中で立ち尽くす二人に、再び、保育園から流れる「不思議なポケット」の童謡が聞こえてきた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

ネット世代の悲しみ

 ネット世代は悲しい――。

 

 そう言うのは健太くん(11)という孫を持つ、○×市の志村末子さん68歳。

 末子さんは夏休みに遊びに来た孫を喜ばせようと、カブトムシが良く集まるクヌギの木を事前に見つけておいた。

 都会育ちの健太くんは、いままでにカブトムシ取りの経験がないことを知ったからだ。

 

 しかし、いざ、日が暮れ、末子さんとクヌギの木に群がるカブトムシやクワガタを見た健太くんは「ふうん」というばかり。

 「見てごらん、こっちには玉虫がいる」、末子さんが言っても、「早く帰ろう」というばかり。

 

 初めて見た光景に感動する心もないのだろうか――心配する末子さんに、健太くんは驚くべき一言を言ってのけた。

 

「だってこんなの、YouTubeで見たもん」

 

 聞くと、YouTubeにはありとあらゆる動画があり、世界のどんな珍しい光景もそれで見ることが出来るのだという。

 「ばあちゃんが見せてやるって電話で言ったのに」と嘆くと、「だってこっちのほうが手っ取り早いもん」と健太くん。

 

 疑似体験で満足し、本物の体験が楽しめない子供の将来を、末子さんは憂いている――。

 

        *

 

「って、ネットコラムに書いてあってさあ」

 

 大学の食堂で私が言うと、彼はむっつり不機嫌顔のまま、「へえ」と生返事をした。

 

「で? 俺がその末子さんだって言いたいわけ?」

「いや、全然! 全然そうじゃなくて!」

 

 私は全力で首を振った。そして、精一杯反省しているという表情を作り、

 

「……ごめんね?」

 

 上目遣いで謝る。

 

「…………」

 

 そんな私を見て、まだ反省の色が足りないと思ったのか、彼は再びそっぽを向いた。

 

「ねえ、ごめん、ごめんってば……私が悪かったよ」

 

 けれど、それでも私は謝り倒した。

 

 だって、彼の地元にしか咲かないという珍しい花。

 その花が見られるとっておきの場所に連れてってやる――そう言われ……いつもの癖でついつい検索してしまったのが運の尽き。

 「ほら、ここだよ」満面の笑みで花を見せてくれた彼に、私は「えーこれだけしか咲いてないの? YouTubeだともっとたくさん咲いてて――」だなんて爆弾発言をしてしまったのだ。

 

 ああ、ネット世代の悲しさよ。

 

 自分の愚かさを呪いながら、私は心の中で名前しか知らない健太くんに呼びかけた。

 

 健太くん! 世の中、YouTubeもいいけど、誰かと体験を共有するって楽しさもあるよ!

 まずはとりあえず、おばあちゃんに謝ろう!

 

 「不機嫌 直す方法」と検索したくてムズムズする手をつねりながら、私は彼に謝り続けた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

神のお告げ

「神様の声が聞こえる……」

 

 彼女が突然そんなことを言い出したので、俺はビックリして振り返った。

 この森で出会った日から、俺たち二匹のカマドウマは仲良く昆虫の死骸や落ち葉を食っては所狭しとこの世界を飛び跳ねていた。

 俺たちに驚く人間の足をかいくぐり、ヤモリの舌を避け、眠ってるガマガエルの横を気づかれないようにそーっと跳ね、とにかく自分たちの力でこの世界を生き抜いてきた。

 

 つまり、神様なんてもんには縁がない。

 

 だというのに、彼女は顎を動かすのもやめ、複眼をぼうっとさせて、空なんか見ていやがる。

 

「おい、何言ってんだよ。悪い草でも食べたのか?」

 

 笑い話にしようと、俺は精一杯おどけた調子で言ったが、彼女はこっちを見ようともしなかった。

 それどころか、

 

「神様が呼んでる……」

 

 そう言って、どこかへまっしぐらに跳ねていく。

 

「お、おい、待てよ!」

 

 食いかけの死骸を残し、俺は慌ててその背中を追いかけた。

 まさか、他にいいオス・・が出来たんじゃねえだろうな、胸に暗雲がよぎる。

 

 誤解のないように言っておくが、俺は相当な色男だ。

 触覚はバッチリ均等な長さだし、顎も強い。

 おまけに足の筋肉ときたらモリモリで、色も最高にイカしてる。

 

 なのに、俺の何が不満だってんだ!

 

 悔しさに顎をギリギリ噛む。

 と、そのときだった。水の匂いがした。

 川だ。

 俺たちを食う、危険な魚の野郎が棲んでいる川だ!

 

「危ない!」

 

 俺は叫んだ。

 

「そっちへ行ったら、魚に食べられちまうぞ!」

 

 しかし、彼女は跳ねるのをやめようとしない。

 

「おい! やめろって言ってるだろ! そっちに行ったら死ぬ――」

 

「…………ないの」

 

 そのとき、風に乗って彼女の小さな声が聞こえた。

 え? 俺は聞き返す。するともう一度、今度ははっきりと、

 

「……止まらないの」

 

「止まらないって、どういう――」

 

 叫びかけた俺は息を呑んだ。

 

 未だ全速力で跳びながら、振り返った彼女は泣いていた。

 

「止まらないの。だって、もう私は神様のものだから――」

 

 ごめんね、カッちゃん――最後の瞬間、彼女はそうつぶやいただろうか。

 その言葉が終わらぬうちに、彼女は最高速度トップスピードのまま、川へと身を躍らせた。

 

「ウマ子ーーーーーー!」

 

 ギリギリで川に垂れる葉に掴まり、俺は声の限りに叫んだ。

 

「悪かったな」

 

 彼女を飲み込んだ魚が水面に顔を出してニヤリと笑った。

 

「こ、この野郎……!」

 

 俺は自慢の筋肉に力を入れたが、魚相手ではどうしようもない。

 彼女を失い、子孫を残すこともできなくなった俺は、その日からそこでぼんやりと川面を見て過ごすようになった。

 彼女を食った魚は、俺のことも食べたそうに時々ぽっかりと浮かんできたが、陸に上がれないのでは仕方なかった。

 

 俺たちは、互いを監視するように毎日を過ごした。

 そのうちに風も冷たくなってきた。

 俺の命も長くはないと知らせるように、自慢の筋肉はしぼんできた。

 

 そんなある日のことだった。

 彼女を食ったあの魚が、突然、川面でバチャバチャと跳ね出した。

 

「おい、何してんだよ、お前」

 

 川には時折、あいつのような魚を食べる白い鳥が来るのだった。

 それがあんな目立つようなことをしていては、すぐに見つかって食われてしまう。

 

「やめろよ、鳥が来るぞ」

 

 彼女を食った仇ではあるが、俺は一応忠告した。

 魚に食われ、今度は鳥に食われるなど、彼女が可哀想だと思ったのだ。

 しかし、魚は跳ねるのをやめなかった。

 

「おい、病気か?」

 

 そう聞いてみたが、その顔は恍惚とし、跳ねることを純粋に楽しんでいるように見える。

 その音に引き寄せられたのか、心配したとおり、白い鳥がやってきた。

 

「……やつが来たぞ!」

 

 草の影に隠れ、俺は声を張り上げたが、魚は何が楽しいのか、「ヒャッヒャッヒャ」、奇妙な笑い声を上げている。

 

 もうどうでもしろ、俺は息を潜めた。

 逃げもしない魚に、鳥が近づいていく。

 憎い魚ではあっても、殺される瞬間など見たくはない。視線を背けたそのときだった。

 

「アヒャヒャッ、神様ぁ! 神様だぁ!」

 

 ――神様?

 

 聞き覚えのあるその言葉に振り向いたときにはもう遅かった。

 魚は白い鳥に飲まれ、影も形もなくなっていた。

 

 神様が呼んでる、そう言った彼女は魚に食われ、神様ぁ、そう叫んで魚は鳥に食われていった。

 一体何が起こってるんだ、俺がそう思った時、ひょろひょろともう一羽、白い鳥が飛んできた。やせ細ってはいるが、いまにも歌い出しそうな表情をした鳥だ。

 

「お前、まだ魚とか食ってんの?」

 

 すると、痩せた鳥が楽しそうに言った。

 

「魚とか、食わないほうがいいって」

 

「いや、どう見てもお前、痩せすぎだろ。食べたほうがいいぞ。人間に掴まって食われるだろ」

 

 魚を食べた鳥が真面目に言うと、

 

「まったく、これだから聞こえない・・・・・やつはしょうがないなあ。そんなこと、どうでもいいんだってば」

 

 痩せた鳥はそう言い――続けてこう言った。

 

「だって、神様が呼んでるんだから」

 

 それを聞き、俺は震えた。

 

 あの鳥はそのうち「神の声」によって人間に水から近づき、掴まって食われてしまうのだろうか。

 そして、その鳥を食った人間もまた、「神の声」を聞くようになるのだろうか。

 

 俺は考えた。

 しかし、その思考は俺の望まぬ形で、唐突に途切れることとなった。

 

 ――川へ飛び込みなさい。

 

 それは甘く優しい声だった。

 その瞬間、体中に快感が走り、俺は危険な川に飛び込みたくて仕方なくなった。

 目の前の流れを、俺はじっと見つめる。

 

 ――何をしているの? 早く川へ飛び込むのよ。

 

 その声にすぐに従いたい気もしたが、しかし俺にはまだ微かに理性が残っていた。

 川は危険、本能の壁はそれほど容易く突破されないのだ。

 

 ――ほら、早く。

 

 けれど、その声は彼女にも似て、何度も俺を呼んだ。

 筋肉の少し落ちた足が震えた。

 意志とは反対に、俺の足はすぐにでも水に飛び込みたがっていた。

 

 ――ほら、こっちは気持ちいいわよ。

 

 危険、気持ちいい、危険、危険、気持ちいい、けど、気持ちいい。

 そんな単語がぐるぐると頭を回り始め、俺は目が回ったような気分になる。

 

 危険、気持ちいい、気持ちいい、気持ちいい、危険? 気持ちいい、気持ちいい、気持ちいい――

 

 そのとき思考がパチンと弾け、アヒャ、魚と同じ笑い声が俺の口から飛び出した。

 

 ごめんね、瞬間、彼女の最後の言葉が蘇る。

 

 それが何に対しての謝罪だったのかも思い出せないまま、俺は高笑いをしながら、「神様!」、魚の待つ川へとひと思いに身を躍らせた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

ワカサギ釣り

「そういえば、こないだ家族でワカサギ釣り行ったんだ」

 

 中学校の昼休み、ユキちゃんが思い出したように言った。

 

「へえ、楽しかった?」

「うん、意外と。超釣れるからさあ」

「え、どれくらい?」

「うーんと、あたしだけで50匹くらい?」

「マジで、すごいね!」

「おいしかった? 天ぷらだよね、ワカサギっていったら」

「そうそう、天ぷらおいしかったー」

「えー、いいなあ、そういうの」

 

「……エサは何をつけるの?」

 

 そのとき、嫌そうな顔をした芽衣子が訊いた。

 

「あたしも釣りに連れてかれたことあるんだけどさ。釣りって気持ち悪いエサ使うでしょう? ミミズとか、ウジ虫とか。あれが嫌なんだよねえ……」

 

「あ、それは大丈夫」

 

 すると、ユキちゃんはあっけらかんと笑った。

 

「なんかね、ワカサギ釣りって『カラバリ』っていって、何もつけない針で釣れるんだ」

「え? エサつけないの?」

「うん。たくさん針のついた糸をそのまま垂らすの」

「じゃ、エサはそこら辺にまくとか?」

「ううん。何にもしないよ。ホントに糸垂らすだけ」

「うそ、じゃあなんでワカサギは針に食いつくの?」

「ワカサギ、超自殺願望もってんじゃん」

「どういうことなの、ヤバすぎるよ、それ」

 

「……実は、そのワカサギの前世は釣り人なんだよ」

 

 すると、今度は永尾ちゃんがぼそりと言った。

 霊感が強いという彼女の一言に、場は一瞬静まったが、「どういうこと?」、気の強い紗英が顔をしかめて訊く。

 永尾ちゃんは教科書の「織田信長」に落書きをしながら、

 

「だから、ワカサギの前世は釣り人なの。で、もう一度人間に戻りたくて、何回もカラバリに引っかかって自殺するんだけど、全然人間に生まれ変われないの。生まれてみたら、またワカサギなの。

 というのも、前世、彼らは釣り人だったときにワカサギを釣りまくったのね。だから、そうやって自分が釣ったワカサギの数、自分も人間に釣られないと、人間には転生できないの」

 

 釣り人の業ってやつだよね、永尾ちゃんはつぶやく。

 

「え……じゃああたし……50回ワカサギに生まれ変わって釣られないとだめなの……?」

 

 素直なユキちゃんの顔がみるみる青ざめる。

 

「そ、そんなわけないでしょ!」

「嘘だよ、永尾の嘘!」

「そうだよ、ユキは大丈夫だよ!」

「みんな……」

 

 ユキちゃんは涙ぐみながら、お弁当を開き、「これあげる」、とワカサギの天ぷらを分けてくれた。

 

「あ、ありがとう……」

 

 わたしたちはそれを多少躊躇しながらも口に入れ、永尾ちゃんをうかがった。

 彼女は何も言わなかったが、その口元には謎めいた笑みが浮かんでいた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

偉大なるオーシャン

 生命を生みだした、母なる海。

 

 私たち人間も、遠い過去、その青い水から生まれた。

 

 そして、いまもそこにはたくさんの生命が息づいている。

 

 躍動するイルカや、歌を歌うクジラはいわずもがな、美しい銀色の群れをなすアジやイワシ。その小魚を求めてやってくるマグロの群れ。

 

 日光の届かない海底に潜む、アンコウ。立ち泳ぎをするタチウオ。美しい紅色をしたキンメダイたち。

 

 あなたの知らない海の世界へ、さあ、今日は共に旅に出てみよう――――。

 

       *

 

 封切りされたドキュメンタリー映画「偉大なるオーシャン」を見終わり、感動した欧米人たちは口々に海の偉大さを褒め称え、嘆息を漏らした。

 

 一方、同じ映画を見た日本人たちは、映画館を出ると、申し合わせたように回転寿司へと足を向けたのだった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

四国の弘法大師様

「ねえねえ、四国には弘法大師ゆかりの観光名所がたくさんあるんだってよ」

 

 会社の出張で四国へやってきた私たちは、その最終日、有休を取って観光旅行を楽しもうとしていた。

 

「え、弘法大師って、『弘法も筆の誤り』の弘法?」

「何か偉いお坊さんでしょ?」

「知ってる知ってる。ほら、お遍路も弘法大師様のやつだとか何とか」

「そうそう。お遍路とか、香川のため池をつくったとか、温泉を発見したとかー」

 

 学生時代に戻ったようにはしゃぐ私たち。

 

「もうとにかく四国を行脚しまくってるから、いろいろしてるみたいだね。井戸掘ったり、寺建てたり……」

「そうなんだ。じゃ、四国の観光名所って弘法大師絡みばっかりなんじゃない?」

「あ、そうかもね。ここもほら、洞窟かなんかだけど、弘法大師ゆかりのって書いてあるし」

「この岩とか、彫刻とか」

「へえ、じゃあこういうところもそうなんですかね」

 

 すると、そのとき同僚の中でも天然(という名の面倒くさい女)で通っている綾子ちゃんが、オススメスポットの一つを指した。

 

 しかし、それを見て、普段なら苦笑いする私たちは、一斉に吹き出した。



 なぜなら、そこに派手な飾り文字で書かれていたのは「四国一のダイビングスポット!」。

 袈裟姿の弘法大師がボンベを背負い、熱帯魚と戯れている姿を想像した私たちの、これは初めての敗北であったのだった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム

二階から目薬

「やった、やったよ! 『二階から目薬』より難しい『雲上から目薬』に成功したよ! これで明日の試験はばっちりだ!」

 

 額に日の丸ハチマキをした男が、雨の降る庭で飛び跳ねていた。

 それを見た、隣の家の受験生は鼻で笑い、

 

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」

 

 そうつぶやいて、改めて目の前の問題集に取り組み始めたのだった――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム