読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vが言えない日本人

「もう、こで終わにしたいの」

 

 フランス人の彼女は言った。

 彼女が留学生として来日して、二年。彼女の日本語はかなりの上達を見せていた。それも、日本人の恋人である僕のおかげで。

 僕が日本語を教える代わりに、彼女は僕にフランス語を教えた。僕らは互いの言語の発音に四苦八苦しながらも、笑い合い、楽しみながら相手のことを知っていったのだった。

 

「私はフランスへ帰なきゃいけない。日本へはもう戻ない。遠距えんきょリ恋愛レんあいなんて、私たちには無理よ」

 

 彼女は泣いていた。別れたくないのは、同じだった。けれど、運命は簡単に僕らの仲を引き裂こうとした。もうすぐフランス行きの飛行機が飛ぶ。残された時間は僅かだった。

 

信一郎しんいちロう……」

 

 彼女が僕の名前を呼ぶ。

 

「う゛ィクトリーヌ……」

 

 僕も彼女の名前を呼ぶ。

 

 日本人には「V」の発音が難しい。

 同じように、フランス人の彼女は、「L」の発音が難しい。

 

 互いの名前さえ満足に呼び合えない僕らには、初めから未来などなかったのか――失望を胸に、僕らは抱き合った。

 時間が迫る。別れが近づく。とうとう彼女は僕から離れた。

 彼女の口が開く。僕の口からも、別れの言葉がこぼれる。

 

さよなラさよなら……」

 

オ・ルう゛ォワールAu revoir……」

 

 僕たちはお互いに舌を噛みそうになり――思わず笑った。

 

「離るなんて、できない!」

 

 彼女が再び僕に抱きついた。

 

「うん、無理だな」

 

 僕も笑って彼女の身体を抱きしめた。

 

 互いの名前も言えないけれど、さよならAu revoirも言えない僕らが別れることなんかできっこない。

 情熱的にキスを交わしながら、僕たちは同じことを考えていたに違いなかった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム