読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君を永遠から殺す方法

 カツン、カツン……鉄が剥き出しの階段に、足音が響く。錆びた手すりには水滴が滴り、この廃墟が朽ちる時間を早めている。

 東京、新宿。

 やつら・・・が地球を侵略し、人類が滅亡寸前に追い込まれてから、既に十年の月日が経つ。生き残った俺たちのような少数の人間はシェルターと呼ばれる地下基地に閉じこもり、やつらの影に怯えながら暮らしている。

 なぜなら、やつらは人間を食う。シェルターの人間が対抗する手段は、唯一このミサイル銃だけだ。数の限られたその銃を手に、俺たちは交代で辺りを見張り、やつらを殺す。数の多い相手には焼け石に水だが、そうでもしなければ人間の未来はないのだ。しかし、やつらを殺すのはそう簡単ではない――。

 階段を下りきったホールの片隅に、俺はその姿を見つけて息を止めた。やつらだ。いや、一体だから、やつ・・と言うべきか。グニャグニャとしたスライム状のそいつは、俺の気配を感知するなり、まるで魔法のようにその形を変えた。

「マコトさん……」

 そこに現れたのは、彼女だった。有川美沙。やつらが攻めてこなかったら結婚していた、俺の愛しい人だ。

「美沙……」

 その正体を知りながら、俺はつぶやいた。そうせずにはいられなかった。俺の記憶にある、一番美しい彼女がそこにいるのだ。無理もないだろう。

「会いたかった」

 彼女は言った。

「ずっと会いたかった」

「……俺もだ」

 口を開くと、胸の奥が疼いた。彼女のことを愛していた。一生大切にすると誓っていた。だというのに、俺は彼女を守れなかった。

「ねえ、ミサイル銃なんて置いて、こっちへ来て」

 俺の感情が溢れるのを感知したのだろう、彼女が言う。

 そう、これがやつらのやり方。人間の記憶の中から最も大切な人を探り当て、その形に変化し、油断を誘う。その生態を知っていれば、油断はしないものの、ミサイル銃の狙いは鈍る。

 当たり前だ。いくら中身がやつらだとわかっていても、大切な人の胸を撃ち抜く勇気がある人間は早々いない。もちろん、そんな甘いことを言っていては、銃を奪われ、その命も奪われる結果が待っているだけなのだが。

 しかし、それを知りながら、俺は銃を置くと、彼女のほうに一歩足を踏み出した。彼女が嬉しそうな笑みを浮かべる。

「ありがとう、嬉しいわ」

 それはやつらの本心なのだろうか、そんなことを言う。

「でも、もっと早く決意してくれたらよかったのに」

「……そうだな」

 俺は答えた。こいつは俺が仲間をたくさん殺したことを知っているのだろう。俺が何度も彼女の胸に弾を撃ち込み、そのたびに絶望に囚われたことを。

 しかし、それも今日で終わりだ。俺は笑った。

「どうして笑うの?」

 待ちきれず、足の先が溶けた彼女が聞く。ピンク色のくちびるから、鋭い牙が覗いている。

「もう私を殺したくないから?」

「いいや」

 問いに、俺は首を振った。そして彼女の目を真っ直ぐに見た。

「美沙はこの世界にふさわしくない。彼女が廃墟の世界に佇むのを、俺はもう見たくないんだ」

 すると、今度は彼女が笑った。

「自分が死ねば、彼女の姿を見なくて済むから? 人間らしい、バカみたいな理由ね」

「いいや」

 しかし、もう一度俺は首を振った。

「俺が死ねば、美沙の記憶を持つ人間はこの世界からいなくなる。つまり、お前らは二度と彼女に化けることはできなくなる。彼女は俺が死ぬことによって初めて解放されるんだ」

 彼女に化けたやつ・・は、一瞬考えるような顔をした。けれど、やはりどちらでも変わらないと思ったのか、次の瞬間、鋭い牙で俺に襲いかかった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム