衝撃的な映像

(砂嵐のあと、スクリーンに映像が映し出される。ごく普通の一軒家。ややあって、コンコン、とノックの音。続けて、ガチャ、とドアの開く音。その隙間から)

 

「うちはセールスお断りだよ! そう書いてあるだろ!」

 

(怒鳴る声。ガチャ、再びドアが閉まる、コンコン、ノックの音に、今度は誰も答えない。カメラがズームアウトして、その家の門を映し出す。すると、そこには『猛犬注意』のシールと共に、『セールスお断り』という張り紙がしてある。そこで映像は途切れる)



 この衝撃的な映像を入手したのはもちろんアメリカだったが、彼らは映像を封印し、第一級プロテクトをかけた上で、国防省の機密防衛室に保管した。

 そして、待ち構えていたマスコミには、CGでそれっぽく作製した映像を渡す。

 世界中のマスコミは、そのニセの映像を喜びの声と共にトップニュースで流した。

 

「火星探査機『スピリット』が撮った映像が、今朝、マスコミ各社に公開されました。それによると、火星は赤い砂漠のような地表にごつごつとした岩が転がっており――――」

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム