キャベツ畑の風景

「わあ、モンシロチョウだ!」

 

 キャベツ畑にふわり、ふわりと飛ぶチョウを見て、遠足に来た保育園の一行が歓声を上げた。

 

「すごくきれいだね! 園に帰ったら、チョウチョの絵を描きましょう」

 

 子供たちの喜ぶ顔を見て、先生たちも思わずにっこり。

 

 同じ光景を見て、

 

「うわあ、モンシロチョウじゃ!」

 

 農家のおじいさんはうめき声を上げた。

 

「早く農薬をかけないとあかん!」

 

 その足でとって返したおじいさんの働きによって、キャベツ畑は今日も平和な一日を終えた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム