死に場所

 死に場所を求めて、俺は重い体を引きずっていた。

 息をするたび、肺がぎゅうぎゅう痛んで、吐くものなどないというのに吐き気が止まらない。

 背骨が痛い。一歩踏み出すたびに、次の一歩が最後なんじゃないかと思うほど痛みは激しく、目の前は暗く霞んでいる。

 

 けれど――それでも前へ。

 

 俺は進み続ける。

 歯を食いしばり、地面を踏みしめ、這うように歩き続ける。

 

 少しでも、遠くへ。

 

 本能がそう告げている。

 その声は絶対だ。だから俺は行かなけりゃならねえ。

 心地良い家を後にして、世話になったあいつを置いて。

 

 あいつはきっと悲しむだろう。そんなことはわかっている。

 けれど、別れは済ませてきた。

 あいつもそれくらいわかるはずだ。

 俺たちは言葉なんか交わさなくても、わかり合える仲なんだ。

 なあ、そうだろう?

 

 けど――もうそろそろ限界だ。

 

 前々から当たりをつけておいた場所へ潜り込む。

 ここなら、誰にも見つからない。

 あいつに迷惑もかからない。

 だから、俺も安心して逝ける。

 じゃあな、楽しかったぜ。いつかまた、虹の橋で会おうな――――。

 

      +

 

 ある冷たい朝、塀と塀の間の狭い隙間に、ぼろきれのような毛皮が挟まるようにして死んでいた。

 彼はこの町の誰かの飼い猫。

 そして、いまは虹の橋で飼い主を待つ、一生を幸せに過ごした魂でもあった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム