読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく汚れた街

「ううん、やっぱり違うなあ……」

 

 焼け残ったメモリーチップの画像を頭部スクリーン再生しながら、一体のロボットがつぶやいた。

 

「うん、どこかが違うなあ」

「見た目は同じようだというのに、一体どこが違うのだろう」

 

 ほかのロボットたちも電子回路の末端まで電気を通し、その原因を探った。

 

 彼らの目の前には、町があった。お世辞にも綺麗とは言えない、ごみごみとした町である。それはメモリーチップに保存されていた画像通りに、ロボットたちが復元したものだった。

 落ちているチリ一つまで、同じ位置に。

 

「……画像との差異は0%だな」

 

 再びロボットがつぶやいた。そして気を取り直したように、

 

「つまり、我々は人間の町の復元に成功した、そう言っていいんではないだろうか」

「いや、しかし……やはりどこか違わないか?」

 

 すると、別のロボットがつぶやいた。それに応えて、また別のロボットが、

 

「そうだな、100年前、我々が見た人間の町はもっとこう――生き生きとしていたんじゃないか?」

「人工生命の我々では、町が生き生きしないとでもいうのか?」

「いや、別にそういうわけでは……」

 

 ロボットたちは再び黙りこくった。

 

 人間が滅亡したのは、いまからおよそ100年前。未知のウイルスが生き物であった彼らを襲ったのだ。

 しかし、生き物ではなかったロボットたちは生き残った。生き残るという表現が間違っているなら、動き続けた、と言ってもいい。

 主をなくし、自由になった彼らは、人間の代わりに社会を構成する種となった。

 そして、人間が滅びて100年目の今年、彼らを偲び、当時の町を復元しようと試みたのだ。

 

 ややあって、一体のロボットが口を開いた。

 

「……まあ、しかし、差異は0%なんだ。これ以上できることはあるまい」

「そうだな。雰囲気だけでも味わえればいいとするか」

 

 もう一体が賛同すると、ほかの面々もうなずいた。

 

「ああ、今日はもう引き上げよう。言ったっけ? 俺、いま、かみさんと子作りしてるんだ」

「お、いいね。何型? A-1094が最新モデルなんだろ?」

 

 口々に言い合い、彼らは町から去って行く。

 ロボットたちをこの世に産みだした、人間という生き物。彼らが泣き、笑い、生活を営んでいた場所は、もう二度と生き返ることはないのだった。

 

____________________________________

(タイトル案「美しく汚れた街」は山居中次さんからリクエストいただきました。ありがとうございます)

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム