読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトラポッド屋さん

 町のテトラポッド屋さんに、麦わらを被った男が入ってきた。

 

「はい、いらっしゃい」

 

 店主の挨拶に、男は店内を見渡して、

 

テトラポッド一つ、下さい」

 

「はいよ。一つでいいのかい?」

 

「はい、一つ」

 

「いまならテトラポッド3つお買い上げで、一つおまけがつくけど?」

 

 店主の笑顔に、男はうーんと腕組みをして、

 

「いやあ、でも軽トラに乗らないから。一つでお願いします」

 

「はいよ。……母ちゃん、テトラポッド一つ出たよ」

 

「はいはーい。じゃ、ちょっと乗せるのを手伝いましょうかね」

 

 店主の奥さんが、表のフォークリフトを華麗に操る。

 

「あ、ありがとうございます」

 

「毎度あり」

 

 男の軽トラが去って行く。と、通りかかったカップルが。

 

「あ、テトラポッド屋さん。一つ買っていきましょうよ」

 

「いらっしゃいませ。いまならテトラポッド3つお買い上げで、一つおまけがつきますよ」

 

「ええー、お得じゃん。どうしよっかなあ……」



 セミの声が響く、暑い夏。

 テトラポッド屋のシーズンは、まさにこれからである――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム