開かずのコロッケ屋

「あ、ここのコロッケ屋さん」

 

 通りかかった女子高生がつぶやいた。

 

「なに? 美味しいの?」

 

「うーん。看板は出てるんだけど、一回も開いてるところ、見たことないんだよね」

 

「へえ。きれいな外観してるのにね。……店主が頑固で、納得いくコロッケが作れない日は、店を開けないんじゃない?」

 

「そうかも」

 

 笑いながら通り過ぎていく彼女たちは知らなかった。

 

 このコロッケ屋は通販限定で、楽天売り上げNO.1の座に君臨し続けている王者だということを――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム