ギブ・ミー・チョコレート

 僕はチョコレートが好きだった。

 男が甘いものを、なんて思われるかもしれないが、好きなものは好きだ。しょうがない。

 だから、と言っては何だが、僕は学生時代からいままでチョコレートを切らしたことがない。一時間に一個は食べないと、どうにも調子が出ないのだ。

 そのため、会社の僕の机の引き出しには、常に何種類かのチョコレートが入っており、社内にあるお菓子BOXのチョコレートは、ほぼ、僕が買っていた。

 

 ところが、ある日のことだった。

 いつものように会社に行くと、引き出しのチョコレートが忽然と消えていた。

「誰? 僕のチョコレート取ったの?!」

 聞くと、どうやら休日だった昨日、社長の孫が来て、甘いものが欲しいと言ったのであげてしまったらしい。

「マジかよ!」

 これでは、業務に支障を来す。僕はすぐにお菓子BOXに走った。しかし、そこにもチョコレートがない。

「補充は? 補充はいつ来るの?!」

 叫んだが、どうやら昼過ぎにならないと補充の人は来ないらしい。

「どうしたらいいんだ……!」

 いまから重大な会議が控えている。外出はできない。それに誰かに買ってきてもらっても、会議に差し入れてもらうわけにもいかない。

「あああああああ、もううううう!」

 半ばパニックになりながら、僕は仕方なく会議室に駆け込んだ。

 時計は九時過ぎを指している。家で最後にチョコレートを食べてから、すでに一時間。もう体はチョコレートを欲し始めている。

 しかし、なす術はなく、無情にも会議が始まる。お偉いさん方がマーケティング戦略を話し出す。

 けれど、僕はそれどころじゃない。早く、一刻も早くチョコレートを補給しないと、チョコレート不足で死んでしまう!

 まるでトイレを我慢する子供のように、僕はモジモジと体をくねらせた。隣に座る上司の遠藤さんが、おい、と小声で注意する。

 遠藤さん、チョコレートが、チョコレートがないんです! ――とも叫べず、僕は懸命に動きを止める。手に汗が滲む。時間の進み方がやけに遅く感じられる。まだまだ会議は終わる気配がない。当たり前だ。始まったばかりだもの!

 死ぬ、死ぬ、チョコレートがなくて、死ぬ。

 頭がクラクラとしてくる。視界が霞む。会議の声が、まるで外国語のようで意味がとれない。意識がだんだん遠のいていく。

 

「――だが……おい、君? 大丈夫かね?」

 一瞬、意識を失っていたらしい。肩を揺さぶられ、目を開けると、そこには社長の顔があった。

「どうしたんだ? 具合が悪いのか?」

 社長……この人がすべての元凶だ。この人が、孫に僕のチョコレートをあげさえしなければ……僕は……僕のチョコレートは……チョコレート……チョコレートをくれ……チョコレートを……。

 

「ギブ・ミー・チョコレート!」

 

 なぜ、英語で叫んだのかは覚えていない。けれど、僕は確かにそう叫んだ。そして――本当に意識を失った。



 その三日後。病院でチョコレートを補給され、無事、退院した僕が出勤すると、僕の机にはチョコレートの箱が山積みになっていた。

 その箱の一つに「君のチョコレートを取ってすまなかった」との、社長からのメッセージ。

「社長……」

 僕は目頭を熱くして、社長のチョコレートを有り難く頬張った。

 

 それからお菓子BOXのチョコレートは、切れることがなくなり、僕の引き出しからチョコレートを取るやつはいなくなった。

 

 だから、その後、社内で僕のあだ名が「戦後」になったとしても、それは僕にとって些細すぎる出来事なのだった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム