読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにようかんがあります

「ここにようかんがありました。十分の一は私が食べましたが、そこで電話がかかってきたので席を立ちました。この家は電波が悪くて、台所に行かないと時々声が途切れたりするからです。思いの外、長い電話になりました。それは認めます。けれど、戻ってきたらようかんの銀紙がめちゃめちゃに破かれ、中身がなくなっていました。と、思ったら、部屋中いたるところにぐちゃぐちゃになって散らばってました。一体これはどういうことでしょう。私がここを離れた間に、何が起こったというのでしょう」

 

 半ば独り言のような母親のつぶやきに、いまさっき這いずり始めたばかりの赤ん坊がきゃっきゃと笑った。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム