雨女

「いよいよ、明日だね……」

 

 私のつぶやきに、

 

「ええ、明日ね……」

 

 お母さんは重々しくうなずいた。そして、心を落ち着かせるように大きな深呼吸をする。

 

 明日、10月23日(日)は、この家の一人っ子である、私の結婚式。人生一度の晴れ舞台。

 

 一年も前から予約した式場に、選びに選び抜いたドレス。一枚一枚手書きのメッセージをつけた席次に、最高ランクのコース料理、そして有名な菓子店の引き出物。

 

 やれるだけのことはやった。すべての準備は整った。

 

 あとは、自分ではどうにもならないこと――そう、当日のお天気がいいことを願うだけである。

 

 しかし、私たちにはどうしても気がかりなことがあった。それは――

 

「詩織ちゃん、やっぱり来るのよね……」

 

「いや、だって招待状出したもん。ちゃんと出席って返信もあったし」

 

「そうよね……」

 

 問題は、お母さんの妹の娘さん――つまり、私の従姉妹である詩織ちゃんのことだった。

 

 彼女は稀代の雨女。

 

 運動会から文化祭、コンサートに旅行にお葬式に法事に……とにかく、参加するすべての行事で雨を降らせてきた強者なのだ。

 

 その彼女が、結婚式というイベントで雨を降らせないわけがない。それを私たちは恐れているのである。

 

「呼ばないわけにはいかないしねえ」

 

「そりゃそうだよ。それに詩織ちゃんは悪くないんだし……」

 

「そうなのよねえ……」

 

 まるで自分のせいだとでもいうように落ち込むお母さん。そのお母さんを励ますように、私は、

 

「でもほら! 向こうには早苗ちゃんがいるから! ね?」

 

 早苗ちゃんとは、私の結婚相手の隼人くん――その父方の従姉妹である。

 

 何と、この早苗ちゃんは稀代の晴れ女。

 

 運動会はもちろん文化祭、コンサートに旅行にお葬式に法事に……とにかく、参加するすべての行事を晴天にしてきた強者だという。

 

「そうかもしれないけど……でも、詩織ちゃんの力に勝てるかどうか。だってあの子、センター試験でも雨を降らせたのよ? あの時期、普通降っても雪でしょう? それを雨にしたのよ? あの子にはそれほどの力があるのよ?」

 

「で、でも、早苗ちゃんはその逆で、旅行先の台風を逸らした経験があるらしいから! それも、二度! だから、きっと詩織ちゃんの力に勝てないまでも、相殺して……」

 

 私は言いながら、ため息をついた。お母さんも同時に息をつく。

 

 どうか明日、晴れますように――なんて大それたことは言わない。

 

 だから、どうか曇りくらいの天気でありますように――雨女でも晴れ女でもない私たち親子は、そう願うことしかできないのだった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム