バトルロワイヤル

「あ、これ知ってる。有名な映画だよね? クラスで殺し合いする、みたいなやつでしょ? でも、『バトルロワイヤル』ってどういう意味?」

 

 私が聞くと、彼は、

 

「あー、それプロレスで自分以外は敵、みたいな試合形式のことだけど、映画のタイトルにするなら、そうだな……『同級生をやっつけろ』、とか?」

 

「うん……そっか」

 

 私は一度は手に取ったDVDを棚に戻した。

 

 それから、第二の戸田奈津子翻訳家になりたいという彼の夢を、私が阻むべきなのかどうかということを、それから小一時間ほど考えた。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム