show must go on―part5

 ――北海道の一部と千葉は滅び、ゾンビの汁まみれになった私は、四次元大魔王との対峙をしているが、芝居の幕は上がり続けている。

 

 舞台はそろそろ終わりに近づいたころだった。

 

 ゴオオオオ、私は劇場を飲み込もうとする四次元大魔王に抗いながら、舞台上の役者たちを見つめていた。

 芝居が終わりに近づくとき、我々は長年の友との別れのような、そんな胸が引き裂かれるような気持ちを味わう。

 

 この芝居は「劇団櫂船かいぶね」の歴史に刻まれる、たった一つの演目に過ぎないかもしれない。

 しかし、ここには、たとえ親の死に目に会えなくても、この芝居を最後まで演じ切ることだけを考える役者とスタッフがいる。

 

 だからこそ、舞台監督である私は、この芝居の幕を最後まで上げ続けなければいけないのだ――。

 

「ハッハッハ、たかが人間ごときが、この四次元大魔王様に逆らうなど、笑止千万! すべてを一呑みにしてくれるわ!」

 

 ダイソンよりも強い吸引力で、四次元大魔王がその真っ赤な口を開く。

 その口の中に、劇場の壁が、椅子が、そしてお客さんたちが次々と吸い込まれていく。

 役者たちは芝居を続けてはいるが、踏ん張っているのがやっとのようだ。

 

「くそっ、どうしたらいいんだ!」

 

 私はこぶしを握りしめ――はっとあることに気づき、オペ室を飛び出した。

 

舞台監督ブカンさん!」

 

 オペレーターが慌てた声を上げる。

 

「オペ室は任せた! 私はあいつを止めに行く!」

 

 私はそう言い残すと、舞台袖へ走った。

 そこには、がある。

 この芝居が始まったときに上がり、終わったときに下ろすだ。

 私はその巨大な幕を外すと、四次元大魔王めがけて放った。

 

「ハッハッハ……むぐっ、むがっ、もごっ、な、何だこれは……い、息が……!」

 

 四次元大魔王が苦しみの声を上げる。

 

 どんなに強い吸引力を持つ掃除機でも、カーテンや布系のものを吸い込むと自動的に止まってしまう――私は長い舞台監督経験から、そのことを知っていたのだ。

 

「うっ、ま、まさかっ、四次元大魔王ともあろう者が、に、人間に負ける……など……!」

 

 スゥゥゥゥゥン。

 ダイソンが止まるような音を立て、四次元大魔王は徐々に小さくなり――そして、消えた。

 

 空間は元通りにふさがれ、オペ室の二人が、私に向かって親指を立てる。

 私もそれに応え、舞台袖でゆっくりとうなずいた。



 The show must go on――四次元大魔王に勝利した私たちの芝居は、このまま最後まで幕が下りることはないのだ――――

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム