show must go on―final

 ――北海道の一部と千葉を含む世界は滅び、ゾンビの汁まみれになったものの、四次元大魔王との戦いに勝利した私たちの芝居の幕は上がり続けている。

 

 舞台上では最後の台詞がつぶやかれたところだった。

 ゾンビの残骸が飛び散り、幕のなくなった舞台袖で、私はほっと安堵の息をついた。

 

 「劇団櫂船かいぶね」の公演は、今回も無事、終焉を迎えた。

 

 この劇場以外の世界は滅び、役者たちは本当に親の死に目に会えなかったが、彼らはこの芝居を最後まで演じ切った。

 そして、舞台監督である私も、ようやくこの芝居の幕を下ろすときがやってきたのだ――。

 

舞台監督ブカンさん! 幕が、下ろす幕がありません!」

 

 そのとき、舞台装置担当のスタッフが慌てたようにやってきて――ゾンビの汁ですっ転んだ。

 

「痛っ……わ、何ですかこれ」

 

「……ゾンビの残骸だ」

 

「ゾンビ? 何ですか、それ……って、それどころじゃないです! 芝居が終わったのに、下ろす幕がないんです!」

 

 どうしましょう、焦るスタッフに、私は、

 

「幕は四次元大魔王を倒すのに使ったからな……」

 

 そう言って皮肉な笑みを浮かべると、舞台袖から役者たちを見た。

 共にこの舞台を乗り切った彼らと視線を交わす。そして、うなずき合う。

 

「え? 何ですか? どうするんですか、舞台監督ブカンさん?」

 

 おろおろするスタッフを尻目に、役者たちは再び始まりの台詞を言う。

 それに気づいた照明と音響のオペレーターが、最初の場面の光と音をつくる。

 

「ま、まさか、これって……!」

 

「そうだ」

 

 私はゆっくりとうなずいた。

 

 劇場の壁は剥がれ、椅子が散らばった客席。

 世界は我々を残して滅びゆき、もう観客でさえ息をしている者は誰もいない。

 

 ――しかし、それでも我々が生きている限り。



 The show must go on――下ろす幕がないのなら、我々は永遠に芝居を続ければいいのである――――

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム