読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも私が男だったら

 お湯を止めたお風呂の蛇口をトントン、と軽く叩き、中に残ったお湯を吐き出させる。

 

 そうしながら、

 

(男の人がおしっこのあと、アレを振るのってこういう感じなんだろうな……)

 

 と思う私は、来月で二十歳。

 女にはできない動作に思いを馳せる、ちょっぴりうぶな女子大生なのであった――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム