読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙の薬

 宇宙からやってきたという、その緑色の肌をしたセールスマンはこう言った。

 

「この薬を飲めば、体の不調はすべて治ります。それだけではなく、頭が冴えて仕事がはかどり、アイディアもたくさん浮かぶようになります。やる気が出て、見える世界が変わります。地球にはまだない薬だと思いますが……どうです、一箱買いませんか?」

 

 すると、地球の男は首を振って、

 

「いや、地球にもそれ、あるよ。覚醒剤っていうんだけど」

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム