I’m on fire

「I’m on fire!」

 

 電話の向こうで叫ばれた声に、僕は驚いた。

 

 I’m on fire――直訳すると、「俺に火がついている!」。

 一瞬で、火だるまになった友人の姿が脳裏に浮かぶ。

 

What is救急車の  Ambulance番号って number何番?!」

 

 僕はパニックになり、そこにいたアメリカ人の友人に尋ねた。

 僕は、一ヶ月前にアメリカに来たばかりの日本人留学生なのだ。

 

 すると、通話の声が聞こえたのだろう、彼は笑って、

 

It meansそれは 『I’m誰も unstoppオレを止められないぜableってことさ』。So,だからIt’s okay大丈夫だよ

 

 しかし、僕は「NO!」と叫ぶと、たまらず友人のアパートに向かって駆けだした。

 

 なぜなら、電話を掛けてきた友人も、僕と同じ新米留学生。

 

 とてもじゃないが、I’m on fireノッてるぜなんてスラングを知っているとは思えない上に、その声は絶望に満ちていたからである――。

 

___________________________________

 

タイトル「I'm on fire」は中の人の友人さんからリクエストいただきました。ありがとうございます。引き続きタイトル案を募集中です

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム