お客様は神様です

「お客様は神様です!」

 

 バックヤードにいた店長の俺に、店員がそう叫びながら駆けてきた。

 

「おお、元気いいな」

 

 俺はそれに笑って答える。

 お客様は神様です――そのフレーズは我が社のポリシー。

 朝礼でも使われる言葉なのである。

 

「お客様は神様です!」

 

「わかったから。まったく、君は熱心だなあ」

 

 俺が笑うと、

 

「違うんです、店長! お客様が神様なんです!」

 

 しかし、店員は俺の袖を掴み、売り場へ引きずり出した。

 そして、

 

「お客様は神様です!」

 

 入り口を指して叫ぶ。

 

「なるほど、お客様は神様か……」

 

 そこまでされて、俺もようやく納得してうなずいた。

 

 なぜなら、入り口に立っていたのは、大黒天。

 その後ろには、まばゆいばかりの光を放つ宝船がつけてあったのだ――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム