ピンチをチャンスに

「ピンチをチャンスに、っていうけどさ」

 

 立ち飲み居酒屋で、茹で蛸のように真っ赤になったおじさんが叫んでいた。

 

「ピンチはピンチだろうよ! チャンスじゃねえよ! だって、逆を考えてみろよ! チャンスはピンチになるか? ならねえだろ? だったら、ピンチはチャンスなんかじゃねえんだよ! ピンチは何の変哲も無い、ただのピンチなんだよおおおおおお!」

 

 同僚らしい、周りのおじさんは、叫び続けるそのおじさんを止めてはいたが、彼の叫びは止まらない。

 その声を聞きながらも、私を含めたスーツ姿のサラリーマンは、足を止めずに地下鉄の駅に吸い込まれるように歩いて行った。

 

 ピンチをチャンスに。

 それが無理難題であることなど、この街の人間なら誰だって知っているのだ――。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム