ポエミック・ライフ

 ――――無駄。

 

 辞書には「役に立たないこと」って書いてあるその言葉。

 

 でも、本当?

 

 無駄って、本当にいけないこと?

 

 ううん、きっとそんなことない。

 

 世の中に、無駄なものなんてきっとない。

 

 無駄に見えても、それはきっと何かにつながってる。

 

 世界の輪に、つながってる。

 

 うん、きっとそうだと思う。

 

 だから、今日は自分の感覚に導かれるまま、「無駄」なことをやってみよう。

 

 ……そんなの、「無駄」?

 

 いいじゃないか、そんな「無駄」な一日があったって。

 

 「無駄」から見えてくる何か。

 

 わたしは、それを見つけたいんだ。



        *

 

「ただいま」

「あ、おかえり、お父さん」

 

 夜の八時。帰宅する父親を待ちわびていた子供が、うれしそうに玄関に飛び出した。

 

「今日の晩ご飯、なに? ポテトサラダ、買ってきてくれた?」

「ああ、もちろん。……でも、その前に」

 

 父親はしゃがみ込み、いつものように問いかけた。

 

「お母さん、今日は何してた?」

「えっとね……」

 

 子供はリビングを振り返り、そこに母親がいないことを確認すると、小声で答えた。

 

「一日中トイレにこもって、千切ったトイレットペーパーを少しずつ水で流してる」

「……そうか。たしかに『無駄』だな……」

 

 帰りの電車内で確認したツイッターに書かれていたポエムを思いだし、父親はつぶやく。

 それから、一つため息をつくと、

 

「ポテトサラダ食べようか」

 

 子供を促し、疲れた足取りでリビングへ入っていった。

 

【1分で読める超短編小説集】(山野ねこ) - カクヨム